【マレーシアは屋台天国】子連れだって心配無用!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

マレーシアは言わずと知れた、屋台天国

マレーシアでは何処からともなく、屋台がこんな感じで現れて、やおら営業を始めます。
マレーシア 屋台

屋台は非常にコンパクトに、この一台で店一軒分全てが詰まっているんです。

どんぶり、皿はもちろんのこと、鍋、お湯、洗い桶、テーブルからイスまで。
この屋台は、指定の場所にガスボンベを配達させています。

中には「炭火」の屋台もあるんです。
ある意味、贅沢な話ですね。

「衛生面が~」と心配かもしれませんが、現地の人はちゃんと生きてますので大丈夫!

といぷ~
といぷ~

見た目はきれいでも保存料バリバリのどこかのお弁当を食べるより、ほどよく菌があり体に抵抗力ができる屋台料理の方がはるかに体にいいと思うのは私だけでしょうか…⁉

屋台にも色々種類があります。

集合屋台タイプ

いわゆる「茶室(コピティアム)」(飲み物を出すお店)の一角を借りてそこに屋台を出すタイプ。
これはその場所代を「茶室」側に払うことになります。

マレーシア 屋台

人気の地区だとやはり区画あたりの賃料もかなり高いらしいんです。

路上屋台タイプ

もう一つ、路上で繰り広げるタイプ。

マレーシア 屋台

こちらは パラソルとテーブル、イスだけでお菓子を売ったりしています。(早い話、いつでも逃げれる。)

しかし、このタイプでも老舗の屋台となると公然の状態で写真のように、1車線の半分以上を占拠して屋台を出しても誰も何も言われません。

といぷ~
といぷ~

何故なら、昔から、ここにあるからです。

ここまで老舗になると手馴れたもので、道路脇の住宅から、電気、水道を分配してもらっており、結構設備が充実しているのもあるんです。

しかし、今このような昔ながらの屋台も悲しいかな、減りつつあるようです。

なぜならこのような屋台、1皿、1杯だいたい高くてもRM7(約210円)。
薄利多売が基本です。

これがちょっと綺麗なエアコン付きのお店ならたちまち 倍の値段が取れます。
なので、若い世代には苦労する割には、うまみがないという見解のようです。
それゆえ屋台をやる人の高齢化はいなめないようです。

しかし、この屋台、一度当たるとそれはそれは儲かるんです。
こう見えて屋台経営者、実はお金持ちの人が多いそうです。

屋台を営んでいるときは、穴あきTシャツ、短パン、ビーチサンダル。
しかし、普段は高級外車に乗って、豪邸に暮らし、子供達を海外に留学させているとか。

といぷ~
といぷ~

本当のお金持ちは、見かけではわからないのであります。

そしてマレーシアでは高級外車に乗っている人も屋台が大好き。
ベンツを横づけにして屋台で汗をかきながら食事をするベンツ家族も普通に見られます。

といぷ~
といぷ~

本当の食通は見た目にはこだわらないのであります。

マレーシアは子連れで外食天国

マレーシアに子連れで行くときどこに行けるのか気になりますよね。

でも海外に出て、とても感じることがあります。
マレーシアというより、東南アジア全域において言えるかもしれないですね。

それは、皆、子連れに非常に優しいということ。(妊婦さんに対しても優しい。)
子供好きが多い。

赤ちゃんは皆、抱きたがり、小さな子が居たらアメやお菓子を上げてみたり。

日本では外出、外食などしたら、子供が居るとかなり気を使っている子連れの両親によく出会います。

ここマレーシアでは、子供に対しては非常に寛大なんです。

外食する場所は常にどんなところでも、ほぼ子供同伴が許されます。

ちょっと気の引けるおしゃれなレストランでも、大概は大丈夫
外食文化が盛んなだけあって、子供も立派なお客様の1人なんです。

マレーシア 子連れ 外食外食で一般的なレストランではだいたいベビーチェアが常備されており、写真のようなラタン製のかわいらしいタイプもよく置いてあります。

このようなベビーチェアは、RM100(約3,000円)もあればお店で買い求められるんです。(その他、プラスチック製や、座面がビニール紐で組んであるものもあって面白い。)

 

 

 

 

マレーシア 外食 子連れ

では、ベビーチェアが無い場所ではどうするのでしょうか。

「ダブルチェアー」と店員さんに一言言

えば写真のようにイスを2段に積んでくれます。
もちろん、3段も可能です。

これがなかなか、安定感があり、子供的にも大人と同じものに座れるというのもあり、進んで座る子供。小学校低学年位まで幅広く利用しています。

お店側もベビーチェアが出払っていいても、これであればいつでも用意できるのでむしろこちらの方が、効率がいいのかもしれませんね。

 

しかし、所詮子供ですから ジッと一つの場所に座って居ないのは万国共通。

けれど、日本のように目くじらを立てる人はあまりなく、子供達の所行を放置して、自分達は平然とご飯を食べる人が多いんです。

といぷ~
といぷ~

私が、もっと寛大になるべきか。否、ここだけは日本人としての公共マナーを優先するべきかと、いつもやきもきしながら外食しています。

文化の壁を乗り越えるには、なかなか難しいです。

タイトルとURLをコピーしました