家族とワンコのエンジョイマレーシア生活日記

20代でマレーシア人の中華系ダーリンと結婚。子育て一段落の今大きな夢に向かって毎日奮闘してます。

マレーシア

MM2H 条件

投稿日:2018年9月22日 更新日:

マレーシアの長期滞在ビザ MM2Hビザ

MM2Hビザを取るメリットは以前の記事に書きましたのでこちらを参考下さい。
=>マレーシア 長期滞在者MM2Hビザ

このMM2Hビザは便利なビザですが条件が少しずつ厳しくなってきています。

2018年9月22日現在の条件:
*2019年9月2日修正・追記

50歳未満の申請者:50万リンギット以上の流動資産及び毎月1万リンギット以上の収入証明が必要

50歳以上の申請者:35万リンギット以上の流動資産及び毎月1万リンギット以上の収入証明が必要

流動資産とはほとんどの方が定期預金、投資信託などを証明書類として出されます。

収入証明は給料、家賃、年金などです。
*給料を収入証明として出す場合、家賃や配当金などは含めることが出来ません。

ざっと今の為替で計算しても預貯金1,100万円以上あって、毎月の収入が30万円以上ある人がMM2Hに申請できるという事ですね。

夫婦で申請する場合、二人の合算金額で大丈夫です。

ただ為替が動くと資産証明1,500万円とか収入証明額がもっと増える可能性も出てきます。

そして条件がさらに厳しくなって、資産証明が2,000万円~5,000万円になるとも噂されています。

申請も厳しく面倒になってきました。
MM2Hビザを検討されている方は早めに申請した方が良さそうですよ。

MM2Hビザに必要な書類はこちら=>

銀行口座開設も難しくなってきました。
今まで支店が多く、利息が高くて人気だったCIMBはMM2Hビザ用の定期口座開設時に賃貸契約書を提示するよう求められます。
MM2Hビザ取得前に賃貸契約する人はほとんどいませんから、実質CIMBでは開設出来なくなったという事ですね。

また今までMM2Hビザを持っていればどこの銀行でも口座開設できていたのが、現在は原則MM2Hビザ用の定期口座を開設した銀行でしか新たな口座開設が出来なくなりました。

MM2Hビザの取得条件としては大きく変わっていませんが、このように少しずつ条件が変わってきてますよ!

申請は個人でもできますが、本当にややこしいのでやはりエージェントに頼んだ方がいいと思います。

ただしぼったくりのエージェントにはご注意を!
調べたところMM2Hビザ新規申請で一人か夫婦二人で通常の流れで申請出来る場合の代行手数料の相場は高くても30万円ぐらいまでです。

よく説明を聞いて安心して任せられるエージェントを探して下さいね。

-マレーシア
-, ,

執筆者:

関連記事

NINJIOM(ニンジョム)

のど飴 NINJIOM(ニンジョム)マレーシアのお土産

ハーブキャンディーののど飴 NINJIOM(ニンジョム)が日本で大人気なんですね。 マレーシアの薬局どこでも売っているこののど飴 最近日本に行くときいつもお土産で頼まれます。 なんでも日本の雑誌で紹介 …

クアラルンプール ショッピング

夏休み マレーシア旅行は早めの予約がおすすめ 観光地編

マレーシアへ夏休みに旅行を考えている人は早めの予約がおすすめです。 というのもマレーシアは毎年スクールホリデーの日が変わります。 そして2019年のマレーシアのスクールホリデーはばっちりお盆とかぶって …

親日家

マレーシア人は親日家

マレーシアの人って親日家なんですよ。 日本にいると日本は海外からすごいと思われているみたいに感じますが(私だけ?) 結構そんなことない国が多いんです。 「どこから来たの?」 「日本」 「ふ~ん」 って …

マレーシア

マレーシア 長期滞在者MM2Hビザ

マレーシアの長期滞在者ビザ MM2Hビザはご存知ですか? このMM2Hビザを取ればマレーシアに10年住むことができます。 もちろん住まなくてもいいです。 たくさんの方のMM2Hビザを取るお手伝いをして …

マレーシア 通貨

マレーシアの通貨

マレーシアの通貨はRinggit(リンギット) 商品の値札にはRMと書かれています。 このリンギットは最近は1リンギット27円から28円ぐらいでしょうか。 すごい高い時期は1リンギット35円というのも …