【マレーシア生活】住んでみるとここが面白いマレーシア!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

マレーシアの色彩感覚は日本と全く違う

マレーシアで服を探すとき一番難しいのは無地かもしれません。

こちらの色彩感覚はやはり日本と全く違います。
民族によっても好きな「色」は分かれているようですが、とにかく派手なんです。

そしてコーディネートもまた独特です。
柄×柄(例えば、水玉と豹柄、横ストライプ×縦ストライプ)などという、日本だったらかなりの上級者でも着こなしが難しいと思われる組み合わせを、平然とやってのけてます。

といぷ~
といぷ~

その自信満々な着こなし、もはや尊敬します!

市場には大概、生鮮食料品の他にも、日用雑貨が併設されて売られています。
そこを覗いてみると、大体この写真のような感じの店があります。

マレーシア生活

全身揃えて1,000円以下も当然可能です。

上の写真はパジャマです。

ちなみに、パジャマ姿で朝ご飯、夕ご飯を屋台に食べに来る親子連れ、おじいちゃん、おばあちゃんがかなりいるのには驚きです。

日本で言うところの、ジャージやスウェットの感覚に近いのでしょうか。
街で遭遇すると何故か、ちょっとドキッとしてしまいます。
家族全員パジャマで屋台飯。これだけは、真似出来ませんね。

子供達に人気なのはいわゆるキャラクター物、すごい派手なシャツ。

マレーシア生活

ピンク、青、オレンジ、黄色等々見ているだけでクラクラしそうな鮮やかな色です。
そして、なんとなく本物とは違うような、違わないような絵がプリントしてあります。

生地はもちろん、合成繊維100%で色落ちしたりして。
汗をかいてもすぐ乾くという利点がありますが・・。

しかし、これだけ「柄」が氾濫しているのに、地味で黒、白、茶色系の洋服がお店ではなかなかみつからないのです。

 

そう、何の変哲もない無地の服を探すのがこの国では一番難しいんです。

幸いなことに、日本の「ユ●クロ」が、ここマレーシアにも展開してきてシンプルな洋服が手に入るようにはなってきました。が、そこでも人気は「柄」のようです。

日常的にこれらの色を見ていると、日本に帰ったとき、周りの服装と地味な色あいに戸惑いを覚えるのは、もう、既に私もだいぶマレーシアの色彩感覚に冒されてきた証拠でしょうか。

といぷ~
といぷ~

パジャマで屋台に行く日も、近いのでしょうか…。

マレーシアの生活で美的感覚の違いを感じるとき

国によっての美的感覚の違いがあります。

マレーシアでは未だにその感覚にはついていけない時があります。
どうして、このデザインのフックを、どうやって、どこにつけるんだろうとか。

マレーシア生活

これを自分は家につけたいか、とか。
考え出したらキリがありません。

また、時々「日本」が誤って伝えられている時もあります。

「日本語が 書いてあると 何となくいい。」

マレーシア生活 日本語

異国の地に暮らす私にとって、「日本」をそんな風に感じてくれるのはある意味、嬉しいです。

といぷ~
といぷ~

が、いやいや、コレはどうなのと言うのは正直たくさんあります。

日本でも、意味のない英語付きのTシャツもあるのでこの件に関しては 引き分けっぽい気がします。(勝負ごとではないですけれど・・・)

ただ、この国のすごいところは、「モノ」を直ぐ捨てないことかもしれません。

新車などのビニールカバーは、大概はずしません。
ビニールがかかっていることで新車を周りにアピールです。

新しい電化製品を買った時など、製品についているステッカーは、はがさずに箱から出したままの状態で使うんです。

そのステッカーが剥がれようものなら、それをテープで止めたりします。

壊れても、取り合えず、直してみます。
動かないけど何となく家に保管しておきます。

日本なら、壊れたら、直すより買い換えた方が安かったりします。

ここは、新品を買うのももちろんだけれど、基本、古いモノも、もしもの時のために取っておくんです。

何が、お金に変わるかわかりません。
そんな精神でしょうか。

そんな精神の現われが、コチラ。

今ではもう全く使われなくなったカセットテープ。
これを分解してポーチにして売るのです。

マレーシア生活

この発想と想像力。

いつどこで何が「お金の素」になるかわかりません。
こういう所は真似したいです…かな?

しかし、捨てられず、物が増えるてしまいます。
これは家庭の、いや万国共通の悩みかもしれません。
さて、今日も冷蔵庫の中身を取りあえず・・・。

タイトルとURLをコピーしました