長期でマレーシアを楽しむための生活日記3選のご紹介

この記事は約3分で読めます。

マレーシアで長期生活を楽しんでいる方の日記を集めました。
これから長期滞在を考えている方の参考になると思います。

スポンサーリンク

にいなライフ

実は私のもう一つのブログです。
マレーシアの生活についてこのブログでは書ききれなかったことを詳しく書いています。

海外留学に興味のある方や、お子さんに留学させたい方などへ自分の留学経験、娘の留学経験、息子のワーホリ経験も載せました。留学を考えている方の参考にして頂ければと思います。

またわが子の育児についても詳しく書きました。海外育児に興味がある方やマレーシアで子育てを考えている方は是非お読みください。

 

マレーシア・ペナン島移住どたばたブログ

実友のブログです。
基本ご家族は日本にお帰りになりましたが、ご本人はいったりきたりされています。

何事もポジティブでマレーシア生活も満喫されていた方で、いろいろな事をたくさん教えて頂いておりとても尊敬できる方です。

どの記事も視点が素晴らしく、内容が面白くてあっという間に読めてしまいます。

 

Beyond Malaysia

こちらの筆者Mangoさんも良くして頂いている方です。

見た目は穏やかそうな女性なのに、仕事をしながらお二人のお子さんをマレーシアでしっかり育てていらっしゃるバイタリティーあふれる頑張り屋ママの代表です。

留学関係のプロフェッショナルで、彼女のブログには留学の情報がびっしり載っていますよ!

マレーシアで親子留学やサマースクールに備える

ここでちょっとマレーシアの留学について書いてみたいと思います。

親子留学や母子留学といった言葉が聞かれるようになったのは数年前のことで、首都クアラルンプールやペナン島、ジョホールバルなどが話題になりました。

首都クアラルンプールとペナン島には日本人学校もあるほど日本人が多く住んでいるので、留学中日本語で情報交換ができ安心して暮らせます。

ジョホールバルにはイギリスやオーストラリアの大学の姉妹校や提携校が出来て、留学生が入りやすくなりました。

マレーシアの公用語はマレー語と英語で、華人の子ども達は中国語の標準語に加え先祖の出身地の広東語や福建語、客家語なども話せます。

マレーシアには外国人も通えるインターナショナルスクールがたくさんあり、日本人や韓国人の子ども達もいます。

多言語教育に適した国なので、国際人として子どもを育てるのであればおすすめの国です

また英語教育に子どもの頃から力を入れるにはサマースクールもあり、行きなり留学は抵抗がある場合は、まずは短期のサマースクールなどに参加するのもいいかもしれませんね。

海外駐在を予測して親子留学に行くケースも多く、現地の生活事情を知ることにもなるので、実利に叶った夏休みの時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

こういった短期留学や親子留学に行く前にはできるだけ日本で英語力をつけておくことが現地でよりよい学校に行けるポイントです。

長期滞在で留学を考えたらぜひおすすめしたい英語教材がこちらの短期集中型子供の英語教材です。留学前に時間のないお子さんにすぐ始めてあげて下さい。

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>
タイトルとURLをコピーしました