【マレーシアの飲み物】コーヒーはおいしい?他のおすすめは?

この記事は約4分で読めます。

マレーシア コーヒー

マレーシアにはコーヒー好きがたくさんいます。
ここ数年はおしゃれなカフェが増え、甘くない日本のようなコーヒーが飲めるようになりました。

スポンサーリンク

マレーシアのブラックコーヒーについて

本来のマレーシアのコーヒーは日本のそれとはちょっと違います。

一般的なコピティアム(茶室、屋台に付属する飲み物屋)では、コーヒーと言えば、基本は砂糖、と粉ミルク(または練乳)の3点セットなんです。

一応は混ぜてはくれますが、比重の差から大概は底に砂糖が沈んだ状態になっています。

では、「ブラック」と言ったら何が出てくるのでしょうか。それは、コーヒーの下に多量の砂糖が沈んだ状態で出てきます。

しかも、この写真のように・・・。

マレーシア コーヒー

どの店で頼んでも、受け皿に大概こぼれています。

そして、どの店で頼んでも同じような状態で出てきます。

初めて見たとき、店の人は拭かないのだろうかと思いましたが、拭きません。そのままで供されます。

ずっと以前、義母に「どうしてコーヒーこぼすの」と訪ねたことがありますが、「だからお皿がついているんでしょう」と一笑されました…(^^;)

そして最初はこのコーヒーの仕組みをよく理解していませんでした。

なので、勢いよくスプーンでグルグルまわしてしまい、極甘いや、激甘のブラック(?)コーヒーを飲むはめになってしまったのです。

今では手馴れたもので、上澄みだけをすすればブラック
そっとスプーンを1回転するとほのかな甘さ。
5回転位で缶コーヒー並み。
10回転以上するともうコーヒーと言う名の異次元の飲み物に変身です。

コーヒーの香りと、味はもう全く感じられません。

紅茶の方はというと、テータレという練乳と紅茶を混ぜた甘いミルクティーが主流。
基本3点セットは一緒です。

どんなに「砂糖少な目で」とお願いしても砂糖の量が減るだけで練乳はしっかり入っているので甘さにさほど変わりはありません。

冒頭でも伝えましたが、今ペナン島では、おしゃれなカフェが流行っており、そういう所ではきちんとしたブラックコーヒーが楽しめます。

が、やはりブラックよりも、フォームミルクや、ホイップクリームの上にチョコレートやキャラメルソースをたっぷりとかけるメニューが人気のようで・・・。

といぷ~
といぷ~

マレーシアは砂糖消費量、世界一。
今日も元気に、「砂糖」を摂取しております。

ちなみにマレーシアのコーヒーでお土産に人気なのが「Old Town White Coffee」

コーヒー、砂糖、粉ミルク(または練乳)の3点セットがインスタントになって小分けされています。

お湯で溶かせばマレーシア風甘~いコーヒーが手軽に飲めますよ。

マレーシアの代表的な飲み物は【ミロ(MILO)】

マレーシア 飲み物

そしてマレーシアの国民的飲み物といえば、誰が何と言おうと「MILO(ミロ)」ですね。

一説によると国民の一人当たりの年間消費量が約5kgになるとか。

この根強い人気はなんでしょうか。
何処へ行っても目につきます。

お湯で溶かして飲むのはもちろん、さらに甘い練乳を足して飲むのも一般的。

この麦芽飲料の飲み物、栄養補給にもなるので、入院した時の飲み物も入院食として出てきます。

といぷ~
といぷ~

私が入院した時の朝食は、MILOとバナナ1本とパン2切れでした。その後のおやつもミロでした。

さらに入院患者が自分で持ち込んでいるのも見ました!
出産時は必ずみんな持ち込むようで、どのベットの横にもミロ缶が置いてありました。

子供の幼稚園のおやつの飲み物もミロでした!
友達の誕生日会の飲み物もミロでした!

このマレーシア人のミロ好きはとどまることをしらないようです。
しかもすべてやたらと甘いんです!

マレーシアのミロは色々種類があり、カロリーオフはもちろんのこと、チョコ味(?)やら、麦芽多め、水に溶けやすい、コーンフレークになったり、チョコレート菓子になったりと変幻自在、縦横無尽の活躍なのです。

その容量も小さいのは1杯分のスティックタイプ、大きいものは詰め替え用で2kgなどと、お米の袋かと思うような物もあります。

恐るべし飲み物です。

上の写真はパーティーなどでは欠かせない、ブリックタイプのものです。
マレーシアではこれを出しておけば、間違いありません。

マレーシアでMILOの他に愛される飲み物

マレーシア 100Plusその飲み物とはアイソトニック飲料で炭酸の100(ハンドレッド)プラス
国民的英雄のバトミントン選手が宣伝していたこともあり大人から子供までよく飲んでいます。

これも風邪をひいたり、下痢をした時にしきりに飲めといわれる一品です。

 

下の写真のRibenaもブラックカランツで人気があります。
こちらも、ビタミンCが入ったり、グルコース入りでお腹に優しい飲み物というのもあります。

マレーシア 飲み物

変わったところでは、菊花茶。
お茶なのに甘いんです。

写真は羅漢果とブレンドしてあるもの。

中華系の旧正月の飲み物の定番です。
体にいい漢方をブレンドしたのが売りで、黒糖味。

こんなに甘いのに本当に体にいいのか?と思いますが…

要するに、「よく解らないけど、体になんだか、よさそう。」という飲み物が愛されているようです。

でもどれも 「甘い」のでくれぐれも飲みすぎにはご注意を!

タイトルとURLをコピーしました