マレーシアの生活に欠かせない便利な2つのものとは

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

マレーシアの生活に欠かせない万能(?)ビニール紐

この何の変哲もない、ただのビニール紐。
直径約20cm弱。何に使うかわかりますか?

マレーシア生活

仕様はというと、ビニール紐を適当な長さに切って、両端を合わせて結んだだけです。

個人で紐を切って縛っている人もいますが、問屋にて大量に縛った状態で入手もできます。

屋台にはもちろん、一般的な店でも日常的に使用されています。

これは、東南アジアでは広く使われているビニールの紐。

ラッピングアイテムの一つと言っもいいのではないでしょうか。

色んなものを縛り、束ね、そして持ち運びにと大活躍の品物なんです。

例えば、次の写真をご覧ください。

マレーシア生活 持ち帰り

よくある屋台飯の持ち帰りを頼んだ場合です。(写真は「鴨ご飯」RM5≒150円)この紐の凄いところは、液体(スープや飲み物)にも使えるということです。

ビニールの上にご飯や肉を盛って、上の部分をクルクルとねじります。そして、このビニール紐が登場です。

まず、輪っかを袋の口から通します。
紐ををまとめて何周か適当に口部分に回し、紐を輪の下から通し、ぎゅっと縛って出来上がりです。

文章にするとえらく難しく聞こえますが、実際はものの数秒で、できてしまいます。
スープや飲み物も同じように縛って、漏れることなく持ち帰りが可能なんです。

帰る途中、ジュースを飲みながら帰りたいと思ったら、片側を少し開けて、ストローを入れた状態で縛ってくれます。至れり尽くせりですね。

とにかく、持ち帰りというと大概、この紐がついてきます

マレーシア生活 パン

他にはどのような使われ方かといいますと、市場ではバナナや、果物を釣るのに使われています。
強引なところでは、パンもこのように縛って、まとめて渡してくれるというところも。

とにかく、この紐はマレーシアでは日常生活において欠かせないものなんです。
我が家にもそういった訳で、結構貯まっています。

しかし、ちょっとしたものを入れておすそ分け、買ってきたバナナを吊るしてみたりと意外に役立つので、捨てないで皆さんも使ってみてはいかがでしょうか。

そうそうこの紐をつなげれば溜まってきた新聞を束ねるのにも使えますよ。

 

マレーシアの生活に欠かせない1巻!

南国マレーシアは毎日暑い暑い日が続いています。
日中の気温は30度越え、湿度もとても高く感じます。

さて、マレーシア全土に言えることだと思いますが、ライフライン、特に水周りに関しては日本に比べると非常に弱いんです。

上水道はとても安いく一ヶ月で家族4人程度ならRM15前後(≒450円)でなんとかなります。
下水道に至っては一般家庭であれば3ヶ月でRM24(≒720円)。
毎日シャワーを何度も浴びるのもうなずけます。

しかし、マレーシアに住んでみて解ったことがあります。

といぷ~
といぷ~

それは水周りの異常な弱さ

大体洗面台、台所の排水溝のタップはこの形です。

マレーシア生活 水回り

日本のような臭気が逆流しないような構造にはなっていません。
シンプルな直線型が多いんです。

そして、このタップはプラスチック製。
このタップ、大体1セットRM10(≒300円)程度でスーパーや、金物店で購入できます。
しかしこれ、どの配管にもピッタリするわけではなんです。

そこでマレーシア生活に欠かせない防水テープの登場です。

 

 

マレーシア生活

これを継ぎ手の辺りでグルグル巻いて、なんとか口径を合わせるのです。

かなり強引な感じではありますね。
ちなみに、1巻きRM1前後(≒30円)で購入できます。

そんな感じで処理してあるので、非常によく水漏れを起こします。

私も初めて遭遇したときはどうしていいかわかりませんでした。
なので水道修理の人を呼んでもらっていました。

が、マレーシア。

「今日の2時頃行く。」と約束をしたとしましょう。

2時きっかりに来る人はまず1割程。
2,3時間以内に来たら、時間守るね。
その日のうちに来たらすごいラッキー。
2日後の2時に来たら、ああ良く来たね。
1週間以内に本当に来たら、よく約束覚えていたね。

そんな感じなのです。

いつ修理に訪れるか、解らない修理人

その横で、水が漏れ続けます。

そんな事態にならないためにも、是非一家に1巻きこの防水テープを備えておいて頂きたい。
大概の水漏れ修理は、継ぎ手の辺りをこれでグルグル巻いておけば応急処置はできます。

RM1で買える安心と思えば、安いですよね。

タイトルとURLをコピーしました