家族とワンコのエンジョイマレーシア生活日記

20代でマレーシア人の中華系ダーリンと結婚。子育て一段落の今大きな夢に向かって毎日奮闘してます。

娯楽生活

犬の映画 おすすめ3つ

投稿日:

犬を飼うとやっぱり犬の映画が見たくなりますよね。
うちもやたら最近犬の映画ばかり見てしまいます。

そこで犬の映画を探している方に我が家のおすすめ3作品をご紹介♪

ちなみにこれらの映画は全部U-NEXTという動画配信で見ました。
今は無料トライアル中で、なんと31日間無料なんです。

コチラから申し込みました。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

さて我が家の犬の映画おすすめ3作品!

No.1 僕のワンダフル・ライフ

何度も何度も見た僕のワンダフル・ライフ
何度見ても感動してしまう映画です。

犬が3回生まれ変わって元のオーナーに会いに行く話。
犬の種類も年齢も変わるのに最後にオーナーはちゃんと自分の犬だと分かる。

犬を飼っている人に絶対見てほしい映画です。

僕のワンダフル・ライフを見るのはこちら

No.2 HACHI 約束の犬

日本で放映されたハチ公物語のアメリカバージョン
有名な渋谷駅の銅像ハチ公のお話です。

ストーリーも分かっているし、ラストも分かっているのにやっぱり感動します。

家族が出かけたのをじっと玄関で待っている我が家のワンコと重なります。

ワンコのためにも健康で長生きしないと!とおもってしまいました。

HACHI 約束の犬を見るのはこちら

No.3 犬と私の10の約束

犬の10戒という有名なリストがあることをこの映画で知りました。

この10戒を読むだけで泣けてしまうのは私だけ?

  1. 私の一生はだいたい10年から15年です。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しいのです。
  2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しいのです。
  3. 私を信頼して欲しい、それが私にとってあなたと共に生活できる幸せなのですから。
  4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないのです。
  5. 時々話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は十分私に届いています。
  6. あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れません。
  7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しいのです。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めているのです。
  8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか気づいて下さい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれません。
  9. 私が年を取っても、私の世話はして下さい。あなたもまた同じように年を取るのですから。
  10. 最後のその時まで一緒に側にいて欲しいのです。このようなことは言わないで下さい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが側にいてくれるから最後の日も安らかに逝けるのですから。忘れないで下さい、私は生涯あなたを一番愛しているのです。

この映画はこの10戒をもとに作られています。
犬を飼おうと思う人、飼っている人は是非見て欲しいです。

犬と私の10の約束を見るのはこちら

 

犬の映画 我が家のおすすめ3つです。参考にして頂ければ幸いです。
この3つが全部見れるのはこちらの動画配信サービスU-NEXTです。



まだまだたくさんの作品がダウンロードされているので、これからどんどん見たいと思います。吹き替えも、日本語の字幕付きも、英語もあるのでうちの家族でも全員見れて嬉しいです♪

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-娯楽生活
-, ,

執筆者:

関連記事

韓流ドラマ

韓流ドラマ シークレット ガーデン

韓流ドラマにはまっているという話を前にしました。 娘と見たのが「花より男子~Boys Over Flowers」 その時の記事はこちら=>韓流ドラマ 面白かったです。 日本版も見たけど日本版とは …

韓流ドラマ

韓流ドラマ

最近娘とはまっているのが韓流ドラマ 今見ているのが『花より男子~Boys Over Flowers』 2009年の作品だからもうちょっと古い? でも今でも十分面白い。 うちはDVD買って何回も見てます …

プロフィール

プロフィール

トイプードル

管理人の にいな と申します。
20代から日本と海外を行ったり来たり
最終南国マレーシアに落ち着きました。

マレーシアを選んだ理由は=>つづきはこちら