日本の英語力はこんなに低い!英語を話すために必要な事は子供期のリスニング力

この記事は約2分で読めます。

日本の英語力が非英語圏88ヵ国中なんと49位だそうですよ。

国際語学教育機関というところが発表した英語能力指数で日本は3年連続5段階の下から2番目にあたる「低い」に認定されてしまったようです。

この結果は世界の130万人のデータを分析して日本では数千人分のデーターをもとに決められたようなのでかなり信憑性がありそうです。

日本の英語力が落ちているというより他の国の英語力が伸びているの対し日本が伸び悩んでいるため他国と開きが出てきてしまったのではないかということなんです。

学校教育というより各家庭での意識が低すぎるように感じます。

もっと小さいころから英語を聞かせる環境を親が作ってあげないと日本はいつまでたっても英語が苦手と感じる人が多くなってしまうのではないでしょうか。

ちなみにマレーシアはアジアではシンガポール、フィリピンと並んで「非常に高い」と評価されたということです。

このままでは日本はどんどん世界から取り残されていくのではないかと一個人ながら心配してしまいます。

英語の苦手意識をなくすためには英語の音が自然と聞き取れるようにならないといけません。

そのためには小さいころから英語を聞く環境が必要です。
毎日家で英語を聞かせることこそ今の日本に一番必要なことだと思うんですよね。

子供の英語についてこちらのサイトに詳しく説明されています。
【子供の英語】年齢別に自宅でできるおすすめの学習法をご紹介!

 

 

タイトルとURLをコピーしました