世界遺産のペナン

この記事は約2分で読めます。

マレーシアのペナンが世界遺産になったのは2008年。

その時もうすでにマレーシアにいましたが世界遺産になったからと別に何も変わった気はしませんでした。

だけど水面下ではじわじわと変わっていたんですね。

まず世界遺産に指定された区域の土地の値段が上がった!
これきっと専門家にとっては当たり前のことなんでしょうが、一般人の自分は気づいたらあそこの土地や家が数倍の値段になった!と聞いてびっくりです。

古くて壊れそうな家の価値がどーんと上がったらしいんです。
う~、二束三文の時に買っておけばよかった…

そしてそんな古い家がどんどん改装されて(世界遺産なので外は大きく変えられません)、おしゃれなカフェになりました。

これもびっくり。こちらでそんなおしゃれなカフェなんて誰が行くの?コーヒーの値段もその辺のお店の10倍ぐらいするのにって思っていたら若者は行くんですね~。

そう、フェースブックやインスタグラムに写真をアップするために。

そして極めつけが観光客が増えた!
世界遺産というだけで集まってくる人が増えるんですね。

街の中を歩くと観光客らしき人がたくさん。
ジョージタウンの世界遺産って特にこの建造物が世界遺産というのではなく街一角が世界遺産。

これではどこを見たらいいのかわからないんじゃないかなと思うのですが、その街をぶらぶら歩くのがいいみたい。

世界遺産のペナン

今まで誰も行かなかったような路地に人が集まっていたりして、世界遺産効果ってすごいなと思います。

そんなペナン島って本当に何をするのと思うぐらい観光名所がありませんが、それでもなんか落ち着く場所なんですよね。

旅行で来るならいいホテルに泊まってのんびりするのがおすすめです。

マレーシアのホテルを探すなら複数のサイトを一括で検索してくれるこちらのサイトがおすすめです♪
マレーシアでもみんな使ってますよ。


タイトルとURLをコピーしました