ワードプレス 内部リンクでコメント セルフピンバック

この記事は約2分で読めます。

ワードプレスで今日自分がやったことを忘備録として記載しておきます。
ワードプレスで記事を作っていますが、アフィリエイトをするために検索数を増やしたいときの対策の一つとして内部リンクというのがあります。

内部リンクとは自分が書いた他の記事をここでリンクを付けて紹介することです。
例えば自分の前の記事で「アフィリエイト ブログの書き方」というのがあります。

これを内部リンクしよと思ったら、「アフィリエイト ブログの書き方」のところをマウスで左クリックしながらなぞります。
そうするとその部分がハイライトされますので、その後上のリンクの挿入を開いてリンクで飛ばしたいページのURLを貼り付けます。

ワードプレス セルフピンバック

これで内部リンクはOKです。

今までこれをやっていたのですが、ここから今日学んだことです。

スポンサーリンク

セルフピンバックを停止

内部リンクだけをつけると自動でコメントに承認しますか~と入ってきます。

これがピンバックというそうです。別のサイトにリンクを送ったときに、リンクを送ったとサイトの管理者に知らせるためなんですね。
これがコメントに入ってきてリンク送られましたが承認しますか~となります。

これ他の人からのリンクだけでなく、内部リンクで自分で送ったのも付くんですね。
それはセルフピンバックと呼ばれているそうです。

今までこれを承認しますとしていたのですが、承認しますにすると記事の下のフィードバック欄に載ってしまうんですよ。
あまり気にしていませんでしたがやっぱりおかしいですよね。

それでこのセルフバックを停止するにはどうしたらいいか調べたらそれ用のプラグインがありました。

左のプラグインから新規追加を選んで「No Self Pings」を追加、有効化するだけです。

簡単なので入れました。
ただ今までのフィードバックがそのままになっていたので、全部削除しました。

タイトルとURLをコピーしました