マレーシア SIMカード

この記事は約3分で読めます。

携帯電話を使うとき必要なSIMカード

マレーシアでもいくつかの会社からプリペイドのSIMカードが出ています。
ただ日本の携帯電話を使う場合SIMフリーのスマホでないと使えませんのでご注意下さい。

クアラルンプール、ペナン、イポーなど大きな都市ではだいたい4G/LTE通信が繋がりますので、メールやSNS、検索ぐらいなら問題なく使えます。
田舎の方へ行く場合はカバレージを確認した方がいいかもしれませんね。

マレーシアでよく使われるSIMカードはMaxis、digiですね。 その他にもCelcom、U Mobileなどがあります。

一番大きなMaxisなどのSIMカードは空港や街中で購入することが出来ます。

 

MaxisのプリペイドSIMカード Hotlink

MaxisのプリペイドカードはHotlinkです。

料金:RM10(RM5利用分が入ってます)
最初のRM10で5日間使えます。
データ通信:300MB/2日間
速度:42Mbps

購入後122を回すと使用可能になります。
5日間で足りない場合トップアップでRM5(5日間)やRM10(10日間)など出来ます。
この期日が過ぎても1か月半ほどは電話やショートメールを受信することが出来ます。

国際電話を安くかけたい場合はデータを使って無料のLINE電話を利用するのが一番ですが、通常の電話へかける場合はIDDを使うとお得ですね。
IDD電話のかけ方:132 00 81 最初の0を抜かした電話/携帯番号

Maxisは大手でカバレージエリアが広いので使いやすいと思います。

 

digi のプリペイドSIMカード Prepaid BEST

Maxisより値段が安いプリペイドです。

料金:RM5(RM6利用分が入っています)
最初のRM5で10日間使えます。
データ通信:無制限(1日RM1)高速通信は200MBまで

国際電話を安くかけたい場合はデータを使って無料のLINE電話を利用するのが一番ですが、通常の電話へかける場合はIDDを使うとお得ですね。
IDD電話のかけ方:133 00 81 最初の0を抜かした電話/携帯番号

DigiはMaxisと比べるとカバレージエリアに条件が付きますが、価格が安いので使えるエリア内だったらお得です。

 

Celcom、U Mobileはもっとかばれーしエリアが制限されてしまうので、マレーシアでプリペイドSIMカードを買うならMaxisかDigiをおすすめします。
最初にも書きましたがマレーシアのSIMカードが使えるのはSIMフリーのスマートフォンだけです。

もし持参する携帯電話がSIMフリーでない場合はやはり海外専用の携帯Wifiを持っていくのが便利ですね。

タイトルとURLをコピーしました