家族とワンコのエンジョイマレーシア生活日記

20代でマレーシア人の中華系ダーリンと結婚。子育て一段落の今大きな夢に向かって毎日奮闘してます。

アフィリエイト

アフィリエイト ブログ 書き方

投稿日:2018年9月1日 更新日:

アフィリエイトの初心者の方はまずブログ作るといいですよと書きました。

その時の記事はこちら=>アフィリエイト 初心者

ここのSeesaaブログでとりあえずブログを作ったらあとは記事入れですね。
この記事入れいったいどんな記事を書いたらいいのでしょうか。

これもいくつか方法があります。

1.日記風に自分の毎日や趣味について書く。

これが初心者の方がする一般的なブログ方法ですよね。
とにかく記事を書く。

日記風のブログでアフィリエイトをするために必要な事は
・とにかく記事数を増やす
・ブログのファン数を増やす

この2つが重要です。

たくさんの人に自分のブログが読まれるようになって信頼されると
そのブログ内で紹介した商品を買ってもらえる確率が高くなります。

そのためにブログは日記だけど内容は読者の役に立つような内容にしないとなかなかファンにはなってもらえませんね。

ただ内容を考えすぎて記事が書けないという事ならまずは書いてみることです。
何も書かないと何も始まりませんからね。

記事を書きながら内容を充実させていけばいいと思います。

ある程度ファンがついて記事をアップしたら読んでいくれる人が増えてきたらそこで何か商品を紹介します。

「買って!買って!」の売り売りで紹介するのではなく「これいいですよ~」とおすすめする感じ。

ブログファンなら「この人が紹介しているから買ってみようかな」と思って購入してくれるかもしれませんからね。

 

2.広告風に商品の宣伝を書く

売りたい商品をASPで探してその商品について徹底的に説明する。
A8.netなどのASPから広告を探します。

A8.netの申し込みページはこちら

そこで売りたい商品を見つけたらその商品についてブログで宣伝するのです。
例えばこのサイトでも紹介している 国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

トリバゴとは、トリバゴの特徴、トリバゴの使い方、トリバゴの口コミなどなど
これを1ページずつ書いて更新していきます。

で記事の最後に広告を貼ります。
記事を読んで納得してくれるとそこで購入してもらえますよね。

 

とブログでアフィリエイトする時のブログの書き方は大きく分けるとこの2つではないでしょうか。

どちらのブログを作るのかはあなたの得意な方でいいと思います。
もちろん2つとも作ればもっと収入の可能性が高くなりますよ♪

Seesaaブログなら1アカウントで5個までブログ作れますよ。



 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アフィリエイト
-, ,

執筆者:


  1. […] 例えばこのブログの記事で アフィリエイト ブログ 書き方というタイトルがあります。 […]

  2. […] ブログにはこんな事を書くといいですよと以前の記事に書きました。 こちら=>アフィリエイト ブログ 書き方 […]

関連記事

アフィリエイト

アフィリエイト 稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐのは簡単ではありません。 アフィリエイトはブログに広告を貼るだけ ブログが作れて広告貼れれば誰でも簡単に始められます。 ブログを作って広告を貼る これはパソコン内に自分のお店を作る …

アフィリエイト

アフィリエイト 始め方

アフィリエイト勉強していますよ。 簡単に誰でも出来て 初期費用なしで始められる副業 ネットに書かれているこれを信じて始めました。 確かに簡単に始められる 誰でもできる 初期費用なし だけどそれで副業と …

副業

Windows 日本語環境

パソコンを新しく変えました。 これが大変! 家電店の人はファイルは全部移しますと言ってくれて 移してくれましたがそれでもいろいろなソフトはまた入れないさないといけません。 しかも英語版のWindows …

アフィリエイト 記事

アフィリエイト 初心者の記事

アフィリエイトで初心者が記事を書くとき気にしたいのがタイトルと内容がマッチしているかということです。   自分のブログを訪問する人はタイトルを見て「これ読みたい」と訪れます。 ブログを見ても …

目の疲れ

目の疲れ

アフィリエイトを始めて失くしたもの それは「視力」です。 毎日本職も入れると10時間ぐらいパソコンに向かっていると目が疲れてきます。 アフィリエイトで目標額を稼ぐまでは視力が落ちるぐらい仕方ないと思っ …

プロフィール

プロフィール

トイプードル

管理人の にいな と申します。
20代から日本と海外を行ったり来たり
最終南国マレーシアに落ち着きました。

マレーシアを選んだ理由は=>つづきはこちら